2013年03月20日

いわき海星、先輩が練習手伝い センバツ


21世紀枠で選出されたいわき海星は打撃練習などで汗を流した。スニーカー nike18日は雨のため室内での練習だったが、大会側の配慮で、2度目の甲子園練習が実現。坂本主将は「土の感触を確かめられてよかった。nike スニーカー感謝の気持ちを忘れずにプレーしたい」と元気よく話した。

 部員が16人と少ないため、この春卒業の3年生が練習を手伝った。nike打撃投手を務めた松浦さんは東日本大震災で東京に一時避難した際、野球をやめようと思ったが、「後輩のおかげで甲子園のマウンドに立てた。野球を続けてよかった」と涙を浮かべていた。スニーカー nike
posted by nike at 11:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。